fc2ブログ
スマホカメラ徹底比較2015春の陣(後編)——自撮り最強カメラはコレだ!!など、星乃きららの日記 怪しい(;¬_¬) そして また怪しい(;¬_¬) そこが ヨクナイ? (;'-ω-`)コマタ奴 凸凹激しい日記?

スマホカメラ徹底比較2015春の陣(後編)——自撮り最強カメラはコレだ!!

 カメラが自慢のスマートフォン6機種の画質をくどいくらいに徹底的にチェックしてしまおうという本企画。前編は屋外の建造物を中心に、夜景などを撮り比べた。



 後編はHDR機能のできと、人物中心の作例を比較。今回取り上げたのは、「Xperia Z3 SO-01G」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)、「AQUOS ZETA SH-01G」(シャープ)、「ARROWS NX F-02G」(富士通)、「GALAXY Note Edge SC-01G」(サムスン電子)、「iPhone 6 Plus」(Apple)、「Ascend Mate7」(ファーウェイ)の6モデル。

●HDRの効果はいかに

 今回、基本的にフルオートで撮影してその写り具合を見ているわけだが、HDRに関しては全機種がサポートしており、非常に効果的な機能であるため、独立して評価してみることにした。

ハイライト部を抑える傾向がある「iPhone 6 Plus」

 iPhone 6 PlusはHDRオン/オフ/自動の3種類から選べる。通常は「自動」になっており、その際、HDRオン/オフの2枚を同時に記録してくれるので、あとからうまく撮れている方を選べるというメリットがある。今回はHDR自動でHDRがオンになる構図を選んで撮影してみた。

 HDRオンの方がハイライト部が抑えられて白飛びもない(白壁や空の雲の辺りを比較するとよく分かる)が、影になっている古民家は暗いままで、むしろHDRオフの方がよいくらい。

 露出を変えて3枚撮影して合成するが、全体として「ハイライト部を抑える」方向に働きやすい。ちなみに個人的にはその傾向を抑えるために、暗いところをタップしてそこに露出を合わせて全体を明るめにしてからHDR撮影しております。ちょっとしたTips。

HDRオン/オフであまり差がない「ARROWS NX F-02G」

 ARROWS NXはメニューからHDR撮影をオンにしたときに限り、HDR撮影をしてくれる。HDRオン/オフの差がほとんど出なかった。

きっちりHDRがかかる「Ascend Mate7」

 Ascend Mate7はメニューからHDRオンを選択すると、HDR撮影ができる。

 ハイライト部が抑えられて空の青が現れ、逆にシャドウ部が持ち上がって軒下もしっかり見えている。きちんとかかっているHDRである。

やや強めにHDRがかかる「GALAXY Note Edge SC-01G」

 GALAXY Note Edgeは、HDRをオンにするとリアルタイムHDRとなる。リアルタイムで明暗2枚を同時に撮る(おそらく、半分の画素を暗めに半分の画素を明るめに撮って合成している)ため、風が強かったり被写体が動いたりしても撮れるのがいい点。逆にHDRオフ時に比べると解像感が少し落ちるが、実用レベルでは何の問題もない。HDRのオン/オフはトップ画面に項目が表示されているのでいつでもオンにできる。

 HDRオン時はかなり強めにHDRがかかるため、シーンによっては不自然になることもある。ただ、個人的には常時オンにしておいても構わないのではないかと思う。

オートHDR機能搭載の「AQUOS ZETA SH-01G」

 AQUOS ZETAはHDRオートとオフの2種類。今回は自動的にHDRがオートになる構図だったため、HDRオートのまま撮影したものと、オフにして撮影したものの2枚を用意した。

 HDRがかかった方は空の青が残り、色味も良くなっている。ややかかり方が極端ではある。

800万画素以下でHDRが使える「Xperia Z3 SO-01G」

 Xperia Z3で強制的にHDRをかけるにはMモードで800万画素モード以下の画像サイズにする必要がある。2000万画素モードでは使えない。仕様としては非常にいただけない。

 HDRオンのときは明らかにハイライト部は抑えられ、シャドウ部は持ち上がっているが、全体にもやっとしてやや不自然さが出ているのが気になる。

●人物撮影 メインカメラ編

 さて、ここからは人物作例シリーズ。最初はメインカメラを使って撮影した。どの機種も「顔認識」機能を持っているため、AFはそれを使っている。結構色がきれいに出やすい環境で撮っているのだが、肌の色はカメラによって差が出るのが面白いところ。

青空を背景にポートレート

 まずは、駒沢オリンピック公園で青空を背景に横位置のポートレートを。

 見事に肌色に差が出ている。顔検出をしたのなら、ある程度顔が明るく肌色がきれいに写ってほしいもの。人物がきれいに撮れるかどうかは大事なり。

縦向きでポートレート

 続いて縦位置でバストアップのポートレートを。

 サムネイルを見て「あ、これ顔色がいいな、これは悪いな、なんか肌色が不自然だな」と感じたら、多分それが正解。Xperia Z3の肌色がちょっと気になるところ。

全身写真編

 全身を入れようとすると顔が小さすぎて顔検出してくれないことがある。それを踏まえた上で、ほぼ日陰に立っている姿を撮ってみた。果たして日陰でも自然な色が出るか。その目で確かめてみてほしい。

逆光でもしっかり顔を明るく撮れるか

 ちょいと厳しい状況でもテスト、ということで窓を背景に逆光写真を撮ってみた。厳しいといってもありがちなシチュエーションである。逆光時は、顔は暗いし背景はくっきりしてるしで、顔検出が難しく背景にピントが合いやすい。そこのところはどうか。iPhone 6 Plusは自動的にHDRがかかった。HDRオンの方が顔が明るく撮れていたので両方を比較してみる。

 ARROWS NXは、明らかに顔を検出して明るく撮れるように調整している。このくらいやっちゃってもいいと思う。Xperiaもそういう設計になっていたはずだが、残念ながらをうまく検出してくれなかったのでピントも背景に合ってしまい、こんな結果になってしまった。「逆光チェックはもうちょっと明暗差が少ないシチュエーションでテストした方が良かったかも」とあとで思ったけど、遅かったのであった。

●世の女性たち注目の自撮り性能を試す

 さて、世はセルフィー全盛時代。インカメラも使ってみなければなりますまい。アジア企業が開発したAscend Mate7(Huawei)とGALAXY Note Edg(Samsung)はインカメラの画素数を上げてきたし、自動的に美肌機能(ビューティーモード)がかかる機種などもあるし、何かと時代を反映しております。

「iPhone 6 Plus」

 iPhone 6 Plusのインカメラは130万画素(960×1280ピクセル)で画像サイズ的には最も少ない。イマドキ、もうちょっとあってもいいかと。ちょいとセルフタイマーモードで自撮りすると、自動的に連写して一番いいカットを選べる(だが連写音がうるさい)。

「ARROWS NX F-02G」

 インカメラへの切り替えはメニューから行う。有効約210万画素で、アスペクト比は16:9。要するにフルHDサイズだ。

「Ascend Mate7」

 インカメラ機能が充実しているのが、ファーウェイのAscend Mate7だ。インカメラの画素数は500万画素(ただし下の作例では16:9で撮っているので約380万画素)。インカメラに切り替えると、自動的に「ビューティーモード」になり、美肌処理がかかる。今回は基本的にデフォルトのモードを使う方針なので、作例も美肌処理がかかったものになっている。自撮り時は背面の指紋センサーをシャッター代わりに使えるので片手でも撮影可能だ。

「GALAXY Note Edge SC-01G」

 GALAXY Note Edgeも韓国の端末だけあって自撮り系は充実している。インカメラは370万画素でF1.9となかなか高性能だ。また、インカメラ時は背面の心拍センサーに指を置くだけで自分撮りができたり、美肌モードになったりする。

 ユニークなところでは、メインカメラを使った自動自撮り機能や、両方のカメラを使ったデュアルカメラ、インカメラで簡易パノラマ撮影を行うワイド自分撮りという機能などがある。ワイド自分撮りは友だちなどと一緒に自分撮りする時や、広く背景を収めたい時に役立つ。

「AQUOS ZETA SH-01G」

 AQUOS ZETAのインカメラはフルHDサイズの約210万画素と最近主流のスペック。インカメラがディスプレイの下(つまり下部)に付いているので、自撮り時は上下逆にしての撮影を勧める。

 インカメラワイド機能でパノラマ撮影っぽいこともできるが、GALAXY Note Edgeの同等機能に比べて難易度が高い。コツをつかむまでなかなかうまくいかない。

「Xperia Z3 SO-01G」

 Xperia Z3のインカメラもフルHDサイズの210万画素センサーを採用。メイン/インカメラの両方を使うフェイスインピクチャー機能も備える。背景+顔のアップを同時に撮ってくれる。

●肌の色はどう出る? 屋外で自撮り

 では作例を。デフォルトで美肌化してくれるカメラの場合は美肌モードにしてます。まずは屋外での自撮りから。肌色の傾向はメインカメラと同様だが、Ascend Mate7のビューティーモードはもはやプリクラ的で面白い(もちろんオフにもできる)。

●やや暗めな室内で自撮り

 続いて、ちょっと暗くて条件が悪い室内での自分撮り。思った以上に肌色の表現に差が出た。

●自撮り絡みのユニークな機能

 最後にいくつか自撮り絡みの面白い機能を紹介したい。まずはGALAXY Note Edge。高画質なメインカメラで撮影できる「メインカメラ自分撮り」という機能がある。で、どうするかというと、顔認識機能と組み合わせるわけだ。あらかじめ顔がどの辺に検出されたら撮影するかを決めておき、メインカメラを自分に向け、顔がその位置になるよう角度を調整すると、ちょうどいい場所で自動的に撮ってくれる。オリジナルアイデアではないが(モルフォが顔認識機能を使った「Morpho Self Camera」というアプリを出している)、なかなか面白い。

 デュアルカメラ機能(Xperia Z3では「フェイスインピクチャー」)は各社が取り入れてよい機能かと思う。なかなか面白い。フレームやその位置も選べるが、とりあえずこんな感じ。

●個人的に好印象だったiPhone 6 PlusとGALAXY Note Edge

 というわけで、6機種で撮り比べてみた。今回触れた機能以外にもいくつかの端末がパノラマ撮影や背景ぼかしなどを備える。Xperia Z3は多くの面白いARエフェクト系撮影機能を搭載しており、動画機能もフルHDだったりスローモーションだったり4K動画だったりとあれこれあるわけだが、今回はあまり手を広げず、基本的に画質比較、HDR、自撮り系に徹してみた。

 全体をざっと見渡しての感想をいくつか。iPhone 6 PlusとGALAXY Note Edgeは絵作りの傾向が似てきた感じ。GALAXY Note EdgeがiPhone 6 Plusを研究してきたのかと思うくらい似ている。この2機種は全体的に好印象。どのシチュエーションでも頑張ってくれた。AQUOS ZETAはそれに次いで頑張っている感じ。Xperia Z3は、顔検出の精度や色合いであまり印象が良くなかった。ARROWS NXは基本性能はいいのだが、もうちょっと「好ましく思われる絵作り」に振ってもいいんじゃないかと思う。

 面白いのは、サムスンとファーウェイがインカメラに力を入れていること。自撮り人口は確実に増加しているので、日本の端末も見習っていいんじゃなかろうかと思う。いや、2015年の夏モデルあたりから手を付けてくるかも。

 ともあれ、コミュニケーション手段としての写真はスマホカメラのおかげで大きく花開いた。コミュニケーションのための写真だから、カメラも画素数やら何やらより、自分が伝えたいものを伝えたいように撮れるカメラが必要とされていく(例えば、「これおいしかったー」って投稿する時はおいしそうに撮れてないとまずいわけですよ)。そのへんを念頭に置きつつ、スマホ選びの参考にしてくださいまし。大事なのは画素数だけじゃない、というわけなのでした。

[荻窪圭,ITmedia]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00000023-zdn_m-prod
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://kirarankuraran.blog33.fc2.com/tb.php/109-573a9946
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

<
Copyright © ☆星乃きらら日記☆ All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]